レーシックでのリスクを理解しておこう

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:2017/6/26

読者様、(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

箸で食べる事をする制度を採用したのは、
聖徳太子だと言われています。

遣隋使が中国の食べる事作法を伝え、
それを真似たのが始まりなんだそうです。

もっともこれは宮中の話で、
その頃の庶民は、手で食べる事をしていました。

手づかみで食べる事をする生活は、
現代からでは想像しにくいものですが、
箸でライスを食べる事が本格的になったのは
8世紀になってからです。

宮中や儀式用に金属製の箸もありましたが、
庶民は木々を削って作りました。

そしてこれらの木々には、
神が宿っていると考えられていました。

食べる事を前に、箸を手に取って祈り、
恵みをいただけることを自然の神々に感謝しました。
現在の「いただきます」は、この慣習のなごりなんですね。

大自然の神々からの恵みを
神が宿る箸によってクチに運ぶ日本人の食べる事は
なんとも崇高なものだと思えます。

箸を使う民族は、中国、朝鮮半島、台湾、ベトナムなどで、
世界の約30パーセントですが、純粋な箸食は日本だけです。

その他は、箸とスプーン、
あるいはレンゲなどを組み合わせて使っています。

日本のライスは、粘り気があるため、
レンゲなどですくわずとも箸で食べることができます。

汁物は、
器を持ってクチ元に運べば
スプーンも必要ありません。

この器を持つ行為は、
箸だけを使う食文化ゆえのものです。

スプーンでライスを食べたり汁を飲む韓国では、
器を持つことはお行儀が悪い行為になります。

このように食べる事に使う道具は
食べ物や作法と関わりあっているのです。

人に対しての細やかな心配りと優しさは、
純粋な箸食文化によって培われたものではないかと思います。

とっぴんぱらりのぷう