矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。 現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:2017/7/29

減量中は摂取カロリーを抑えているので、
腹がすきやすい状態なんですよね。

それに間食してはいけないという思いから、
余計に腹がすいて、間食をしたくなってしまいがち…

やはり減量中は、
できる限りスナック菓子類は我慢したほうが良いのですが、
あまり我慢しすぎるのもストレスがたまって、
減量が長続きしません。

なので、減量中でも
少しくらいなら間食を許す余裕があっても良いと思うんです。

とは言え、高カロリーなケーキを食べては、
せっかく頑張っている減量が台無しになってしまうので、
低カロリーで腹持ちのいいスナック菓子を選びましょう。

糖分と脂肪を一緒にとると脂肪が蓄積されやすいので、
脂肪分が多い洋菓子より、低脂肪な和菓子が良いみたいです。

俺は、腹がすいた時、
飴を舐めるようにしています。

飴は血糖値を早く上昇してくれるので、空腹感が早くおさまり、
低カロリーのものを選べば摂取カロリーも抑えられますし、
手軽に食べられるのがいいですね。

ただ、飴を噛んで早く食べてしまったり、
たくさん食べしまってはいけません。
飴にもカロリーはそれなりにあるので気をつけましょう。

俺の母親は、腹がすいたら、
ガムを噛んでいます。

噛むことで中枢神経を刺激し、空腹感を紛らわすことができるようです。
あごのたるみも解消してくれるみたいですよ!

また、小魚の干物なんかも、
硬いのでよく噛め、そんなに大量には食べられないし、
低カロリーなのでお勧め!

しかも、カルシウムやDHAも摂取できるんですから、
健康的な減量をしっかりサポートしてくれますよ!